No.  (--)

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 108 (Mon)

Date 2006 ・ 07 ・ 31

どちらかというと…

“ブダイベラ”ってネーミングセンス、どうなんでしょ?
…ウナギイヌがどちらかというとウナギでなくイヌなように、
ブダイベラもどちらかというと、ブダイでなくベラ…

dvm_20060114_1384.jpg
△ベラ科ブダイベラ亜科 ブダイベラ 4cm 石垣島 竹富南
全然関係ないんですが、
“餃子の王将”でレバニラを頼んだら、レバニラはメニューにございません、ニラレバならございますが?と真面目に言われた…ニラよりメインは肝であることを主張するネーミング?
スポンサーサイト

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

べら // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 106 (Sat)

Date 2006 ・ 07 ・ 29

ベラかーっ!

どよんの枝サンゴや、汽水にもいました
ブダイの幼魚だと思って撮ったんですが、アマイッ!
ブダイじゃなくてベラだと教えてもらってかなり目からウロコ…しかもかわいくて模様もステキ(オセロできそう…)
言われてみればクサビベラ成魚はよくみかけます
んー、よく見ると模様こそ違うけどたしかに成魚の面影がちゃんとある!
そんなところがますますステキ
0715_MG_7450.jpg
△クサビベラ 2.5cm 石垣島 川平湾

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

べら // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 104 (Fri)

Date 2006 ・ 07 ・ 28

Bプロ第2弾

そして、本日もどよんの枝サンゴにいる美人ブダイ様
目の飛び出し具合が、イロブダイさんと同じっぽい…

60218_2951.jpg
△キツネブダイ 3cm 石垣島 川平湾
ブダイってどんなとこにでもいるイメージなんですが、ここじゃなきゃ見れないって環境や水深ってやっぱりあるんですよね?
スズメダイより移動範囲は広そうだし、どこにでもあらわれるカンジもして、環境の把握はムツカしそうに思えちゃう…単に全然把握できてないからそう思えるのかなー
▼イロブダイさんも立体的に飛び出した目がカワイイ
51224_1320.jpg
△イロブダイ 2.5cm 石垣島 大崎
▲このコはどよんの枝サンゴではなくガレ場にいらっしゃいました
こうして並べてみるとイロブダイってかなりオデコちゃんダナ

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

ぶだい // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 103 (Thu)

Date 2006 ・ 07 ・ 27

プロジェクトB

どよんの枝サンゴにはステキなブダイさんもいます051127_kabi-budai.jpg
△カンムリブダイ 4cm 石垣島 川平湾 11.2005
めちゃくちゃキレイしカワユすぎるー
腹鰭の小さなテンが意外に目立っててカワイー

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

ぶだい // コメント(3) // トラックバック(0) // Top

No. 99 (Wed)

Date 2006 ・ 07 ・ 26

人面魚

ハナナガさんは、どんより系の枝サンゴに巨大なモシャモシャ畑を作って、枝サンゴの下はちょっとした地下要塞みたいです
地下要塞の中をシャーと予想外の素早さで動きまわったり、突然モシャモシャから顔だしてこちらをうかがったり…川平湾ハナナガーズは、ワシャワシャと集団秘密半地下生活しておられます
▼初見の時はビビリましたが、興奮した人面ハナナガを見かけることがあります
これって婚姻色かな?
この色のときは、まわりも人面魚集団になってる事が多く、喧嘩っぽい行動も見られます
かなりの強調メイクで、普段の笑えるお顔が笑えないお顔になっちゃってます
キモイとか人面魚とか言われてちょっとかわいそうでもあります
キモカワイイのダ!
と言いたいとこだけどたしかにあんまりカワイくはない…

_MG_3569.jpg
_MG_3567.jpg
△ハナナガスズメダイ 人面色? 石垣島 川平湾
0715_MG_7430.jpg
▲人面色も褪せかけてくると、トランスから醒めたみたいなヌケ顔がちょっとカワイラシイ

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

すずめだい // コメント(3) // トラックバック(0) // Top

No. 97 (Tue)

Date 2006 ・ 07 ・ 25

四変化

引き続き、どよんとした枝サンゴに棲むスズメダイモドキ…
幼魚はめちゃくちゃキレイ

0715_MG_7411.jpg
▼ちょっと成長するとモドキっぽい顔つきに…
成長と共にオデコのてっぺん青ラインはちりぢりの点々になってきてそのうち消えちゃうみたい

0715_MG_7330.jpg
▼若魚サイズからはいろんな色のコを見かけます
0715_MG_7409.jpg
0715_MG_7434.jpg
_MG_2982.jpg
dvm_20051127_0323.jpg
▲ボケボケだけど、こんなんもいます…
なんでこんなにも色が違うコがいるんだろ?
同個体がいろんな色に変身できるのか? 個体によってどの色になるか決まってるのか?…ナゾです
ブルー/イエローの塗り分けタイプのコ(写真一番下)は別の日も同じ色してました
もっと成魚になると、ヘタクソなケバいお化粧してどこ行くの?みたいなギラギラコミカル系な方とかもいて笑えます

…同じようなモシャモシャ農民系のクロソラ、ハナナガさん達もいろんな色パターンのコを見かけますが、モシャモシャ社会と色彩の多様性は何か関係あるのカナ?

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

すずめだい // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 98 (Mon)

Date 2006 ・ 07 ・ 24

オデコさん

この手の青ライン入り幼魚って多いけど、特にモドキとスミゾメは似てると思う…
環境が違うから一緒に見たことはないけど、1.5cmサイズだとそっくり…
なにしろ小ちゃいし

dvm0218_2972.jpg
△スズメダイモドキ 1.5cm
_MG_7868.jpg
△スミゾメスズメダイ 1.5cm
以前教わった見分け方では、ほっぺにポツポツと星模様があるとモドキ。
でも上の写真みたいにスミゾメでそれっぽく見えるカモな個体もいたりして、もっと他にも違いはないか、見比べてみようと写真を片っ端から並べてみると、
▼頭の真上を横切る青ライン(もしくは点々)これはモドキにはたいてい入ってるけどスミゾメにはないっぽい
環境から迷わないとは思うけど、初めての海では役に立つかも…
どうでもイイ事だけど自分的には小さな発見だったりしてちょっと自己満足

dvm_20051127_0320.jpg
_MG_5835.jpg
▲おでこのV字が広くて、青ラインが入ってる方はモドキさん_MG_7869.jpg
dvm0618_7108.jpg
▲おでこのV字が細くて、ラインなんて入る隙間ナイヨーという方はスミゾメさん

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

すずめだい // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 94 (Sun)

Date 2006 ・ 07 ・ 23

やっぱ卵専?

また汽水で潜ってきました
前回6月はリボンのチビッコがうじゃうじゃいて、卵を守るリボンも見られましたが、
今回は台風のせいかたまたまなのかリボンは数が減り、代わりにスミゾメのチビッコが増えていました

0717_MG_7896.jpg
△スミゾメスズメダイ 1.5cm 石垣島 7.2006
0717_MG_7872.jpg
△ 2cm
0717_MG_7866.jpg
△ 3cm
0717_MG_7843.jpg
△ 5cm 眼状斑はだんだん消えてく方向へ…
0717_MG_7857.jpg
△ 8cm まだ眼状斑の名残りが見えます
0717_MG_7787.jpg
△ 10cm 眼状斑はなくなった!よく見ればまだ頭に青いラインが残っていますが、肉眼だともうほとんど青ライン見えなくて真っ黒スズメ…
0717_MG_7799.jpg
△ 12cm そして、もう頭の青いラインも眼状斑もなくなってただの真っ黒スズメに…尾鰭も黄色くない
0717_MG_7835.jpg
△ 12cm せわしないこのコはよく見ると卵を守ってました
こんなコンクリ筒の中にオレンジの卵が!…やっぱし卵専(タマセン)か?

0717_MG_7806.jpg
△産みたてタマゴ
オレンジの玉はちょうど黄身にあたるのかなー?きれいに手入れされて新鮮そう!親の愛情が感じられる卵デスネ

見渡すと、あっちでもこっちでも興奮したスミゾメ成魚が卵を守っていて、
スミゾメ産卵村のようなエリアができていました
頭に白い縞模様を出して興奮し、縄張りに侵入するスミゾメを激しく追い払ったり、卵を守ったり忙しく賑やか
ちょうど今が時期みたい


スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

すずめだい // コメント(5) // トラックバック(0) // Top

No. 96 (Sat)

Date 2006 ・ 07 ・ 22

目撃!

サンゴの群生地、一部だけサンゴが白く禿げてるところがありました
その傍で興奮した様子のスズメダイが行ったり来たり
もしかして…よくよくのぞいてみると少ないけどやっぱりありました
タマゴ!!
一応付け加えておきますと、ワタシ浅専(アサセン)の自覚はありますが、卵専(タマセン)ではないつもり…

0715_MG_7423.jpg
自ら生きた枝サンゴをきれいに剥がし産みつけてるみたい
これはニセクラカオと全く同じ産みつけ方ですが、こちらの場合たまたまなのか少量だからなのかサンゴの下面のみに産みつけてありました
密集している枝サンゴの下面は産みにくそうな位置ですが、その分捕食もされづらそうに見えました
見つけにくいし、体の大きな魚にとってはかなり食べづらそうな位置です
▼拡大してみると、目があるー!
でもあまりお手入れが上手ではないのか海草みたいなものがモシャモシャと生えかかっている瀕死のタマゴも…

0715_MG_7423-1.jpg
▼そして、このタマゴの親御さんはこの方
0715_MG_7422.jpg
△アツクチスズメ 11cm 石垣島 7.2006
▼拡大すると…

0715_MG_7422-1.jpg
めくれあがったクチビル…かーなりグロい
歯はめくれあがったところにできた白い三角形のとこでしょうか…
とするとその奥にある丹下段平の前歯みたいなものは何??
イヤア、ヘタに拡大すると見なくていいとこまで見えてしまってコワイです…でも見てしまう
▼お口直しにアツクチ幼魚期のカワイイ画像もどうぞ…
0716_MG_7650.jpg
△チビッコの時はめくれ具合もカワイイ…

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

すずめだい // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 92 (Fri)

Date 2006 ・ 07 ・ 21

淡水地味ハゼ

昨日に続きまして、この方もお顔がかなり長くていらっしゃいます、さすがヨシノボリ属です
yak0505-185.jpg
△ゴクラクハゼ 屋久島 5.2006
▼ゴクラクハゼにそっくりだけどなんか違う…図鑑と絵合わせしてみるとヒナハゼという種類みたい、メスっぽいです
そういえば顔が長くない…目から先が短く丸っこくて、第一背鰭の斑紋もかなり特徴的

yak0505-183.jpg
△ヒナハゼ 屋久島 5.2006
▼こんな赤黒っぽい体色のコもたくさんいました。
こちらはチチブ属。
たぶんナガノゴリ?と思うけど、ムツカシイなあ
淡水魚ってキレイなだけじゃなくてホントにオモシロイ!超浅だし!

yak0505-190.jpg
△ナガノゴリ? 屋久島 5.2006

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

淡水魚 // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 93 (Thu)

Date 2006 ・ 07 ・ 20

恩師

ヨシノボリ属の方たちって、もしかしてみなさん顔がながい…
見るたび誰かに似てると思ってたんですが、やっと思い出しました
中学時代の理科の先生に顔がそっくり…
先日、その先生に偶然お会いしました
昔と変わりなくお元気そう、そしてやっぱりやっぱり似ていらっしゃいました

yak0505-181.jpg
△クロヨシノボリ オスけんか中 屋久島 5.2006

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

淡水魚 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 90 (Wed)

Date 2006 ・ 07 ・ 19

とけ込み上手

どのコも這いつくばり系の淡水で、この方はホバリング系
この写真では撮るために岩肌近くまで追う格好になっちゃったけど、水底から2M近く上の中層をずっとホバリング決めてました
中層でホバリングって意外とまわりに溶け込んでしまって
すごく近寄るまで、どこにいるのか全然わからないかんじです
地味に見えるけど、実物はとってもキレイなコでした!

yak0505-169.jpg
△ウキゴリyg? 3-4cm 屋久島 5.2006

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

淡水魚 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 91 (Sat)

Date 2006 ・ 07 ・ 15

コンナノモ見タ時ナイ

おなかがメタリックブルーの方がいるかと思えば、黄色の方もいます
クロヨシのメスではないかと思うんですが、キバラ?との声もあり…
どっち?
ん~、お腹の内容物が発色してるんだったら、自在には発色できなそう
皮膚が発色してるのかな?イヤア、やっぱり内容物が発色してるように見える…
魚類でメスが自ら積極的に婚姻色を出すってのは珍しいのかも?

淡水魚ってステキすぎる…

yak060505_1725.jpg
△クロヨシノボリ? 5cm 屋久島 5.2006

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

淡水魚 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 89 (Fri)

Date 2006 ・ 07 ・ 14

コンナノ見タ事ナイ

おなかが青く光ってるコを一匹だけ見ました
おなか膨らんでるし、抱卵中?
見た目、まだ子供みたいで小さかった…
タマゴが青く光ってるのか、おなかの皮膚が青く光ってるのか?どうなってるんだろ?
とにかくステキ!

yak0505-186.jpg
△シマヨシノボリ メス婚姻色 5cm 屋久島 5.2006

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

淡水魚 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 88 (Thu)

Date 2006 ・ 07 ・ 13

シャイなソーセージ

岩陰に一匹だけルリボウズハゼがいました
ステキな尾鰭を全開にしてほしかったけど、残念…
シャイなんだけどカメラが気になって落ち着かないご様子で、弱カメラ目線↓

dvm42387.jpg
△ルリボウズハゼ 10cm〈絶滅危惧IB類〉 石垣島 4.2006

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

淡水魚 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 87 (Wed)

Date 2006 ・ 07 ・ 12

ザ・ソーセージ

昨日登場したザ・ボウズハゼ、
数もたくさんいて、集団フードファイターなイメージですが、婚姻色ってどんななんだろ?
普段と変わらないのかな?なんでこの種だけ地味なんでしょう?

ボウズハゼと思われるすんごく小さいステージ、水深20cmくらいにいらっしゃいました
さすがに浅すぎてカメラもワタシも水面から出ちゃいます
いつもは軽いキスデジが、ブルブルするほど重たかった…

yak0505-193.jpg
△1.5cm弱 屋久島 5.2006 ▲小ちゃすぎて全然自信ないけどザ・ボウズ?
yak0505-191.jpg
△3cm 屋久島 5.2006 ▲幼魚のときに背鰭が派手めになるコがいるらしい?
閉じちゃってますが、開くと背鰭オレンジ色です
そして、大きくなるとまた背鰭は地味に…?

_MG_4608.jpg
△5cm 石垣島 4.2006

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

淡水魚 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 85 (Tue)

Date 2006 ・ 07 ・ 11

フードファイター

ソーセージらしい体格で、数的にも断然多いのが、この方
掃除機みたいに口を地面に押し付けながら、せわしく食べ続けてます
とにかく、ずーっと食べてます、フードファイターです
なりふり構わず食べることだけにまじめに集中してる姿は相当笑えます

_MG_4720.jpg
_MG_4617.jpg
△ボウズハゼ 10cm 石垣島 4.2006
そして、憧れだったこちらの方もヤッパリ食べまくってます…

dvm42369.jpg
△ナンヨウボウズハゼ メス 3cm 石垣島 4.2006


スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

淡水魚 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 84 (Mon)

Date 2006 ・ 07 ・ 10

透明ソーセージ

ナンヨウボウズのハレムの中に、よーく見ると違うコが混じってました
ワーイ、透け透けソーセージ
透明ソーセージの婚姻色見たい…オスはどこだ?

_MG_4688.jpg
△カエルハゼ 〈絶滅危惧IA類〉3cm 石垣島 4.2006

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

淡水魚 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 83 (Sun)

Date 2006 ・ 07 ・ 09

憧れソーセージ

なんてステキなサカナ!!
ウソみたいにキレイなメタリックな婚姻色と、ソーセージみたいな体型!

淡水魚は実物も図鑑などでも目にする機会がなく、キレイ婚姻色の淡水魚たちも当然知りませんでした
渓流にはこんなステキなコがいると教えてもらって以来ずっと、いつか見たいと思ってました
とうとう見れちゃた やっぱり実物もステキすぎ
この方達は思ってたより小ちゃかった
顔はしっかりソーセージ顔?です(ソーセージの端っこみたく丸くつぶれてる)
雄は怪しい色のまま鰭全開でホバリング
雄数匹と、雌十数匹のハレムみたいでした
いつか産卵とか見れたら夢みたい!

dvm42379.jpg
△ナンヨウボウズハゼ 3cm 雄 石垣島 4.2006
dvm42383.jpg
△ナンヨウボウズハゼ 3cm 雌 石垣島 4.2006


スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

淡水魚 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 81 (Fri)

Date 2006 ・ 07 ・ 07

追っかけっこ

この方たち、あっちでもこっちでもえんえん追いかけっこをしてました
追う方がひょんと近付くと、追われる方がひょーんと遠のく
2匹が接近したときどんな行動するのか見たかったケド
あんまりずっと追っかけまわってるので、見てると疲レタ
地味だけどキレイな方達でした

_MG_7211.jpg
△ツムギハゼ 8cm 石垣島 ▲コチラ追う方
_MG_7275.jpg
△ツムギハゼ 5cm 石垣島 ▲コチラ追われる方

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

はぜ // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 80 (Thu)

Date 2006 ・ 07 ・ 06

早起き顔黒クン

頭テンテンと勝手に呼んでいるヘビギンポ
石垣にはたくさんいてとても可愛いので、気になってましたが、
和名はまだないそう…がっくし
頭のてっぺんが透明で、中に機械じかけの脳みそみたいのがテンテンと見えます
ヘビギンポはどれも似ていてなかなか覚えられないケド、
このコは頭のてっぺんだけ見れば一目瞭然!とってもわかりやすい
▼石垣だけでなくあったかい地方には普通にいるみたいです

_MG_6767.jpg
△頭テンテンヘビギンポ(思いっきり仮)Enneapterygius pallidoserialis
2.5cm 石垣島 御神崎 6.2006
▼奄美大島では、頭テンテンくんが婚姻色?になってるところを目撃しました
朝7:30くらい、もしかして早朝の方が興奮してらっしゃる?
婚姻色はすぐに褪せちゃうこともあるので、慌てて撮りましたが、
全く褪せることなくずっと気合いの入ったガングロのままでした

ama-hebi6569.jpg
△頭テンテンヘビギンポ(仮)Enneapterygius pallidoserialis 3cm 奄美大島 6.2006

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

その他のさかな // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 76 (Wed)

Date 2006 ・ 07 ・ 05

同色系

この3種、同じところに一緒に棲んでいます
dvm61700.jpg
△ハクセンスズメダイ 1.5cm 石垣島 御神崎 6.2006
dvm61746.jpg
△イワサキスズメダイ 1.5cm 石垣島 御神崎 6.2006
altyg1.jpg
△セダカスズメダイ 1.5cm 石垣島 御神崎 5.2005
(わかりづらくて恐縮デスガ極小サイズの写真がないので、ビデオからの静止画…動きません)

…なんだかみんなおんなじような色合い
単にまわりの環境に体色を合わせたらたまたま似ちゃったのか?
それとも擬態とまではいかないにしても、幼魚期は他の優先種に似せて身を守ろうとする何かが働いているのか?
そう思わせるほどナンダカ似てないデスカ?

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

すずめだい // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 78 (Tue)

Date 2006 ・ 07 ・ 04

濃いめ、薄いめ

同じ浅場でも環境によって体色はだいぶ変わるみたい
こんなチビちゃんでも、同じサカナとは思えないほど
_MG_3943.jpg
△カゴカキダイ 1cm強 八丈島 神湊 4.2006
▲岩かげで、見事にまわりと同化してました
どこにいるのかすぐわからなくなっちゃってホント撮りづらかった

_MG_4416.jpg
△カゴカキダイ 1cm強 八丈島 乙千代タイドプール 4.2006
▲陽のあたる白い岩盤の上で、このコも見事にまわりと同化してました

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

その他のさかな // コメント(6) // トラックバック(0) // Top

No. 79 (Mon)

Date 2006 ・ 07 ・ 03

もう夏ダー

6月の石垣島は夏並みの暑さでした
この写真を撮ったのは6月後半、ダイビングの帰り道、あまりの鮮やかな美しさに目がとまりました
まわりを気にしてみると華やかな南国らしい花が街のあっちでもこっちでも咲いていて、もうすっかり夏っぽい
この島にある植物を少しずつ覚えようと思うんですが、ステキな花が多すぎマス…

0618_7084.jpg

0618_7094.jpg
△ ナンバンサイカチ(まめ科)石垣島 竹富町役場脇 6.2006
英名だとゴールデンシャワーというそうです…たしかに
写真は一房だけですが、見上げると黄色い花序がいくつもぶらさがって圧巻でした
タイでは国花として尊ばれているそう
石垣はアジアの花が咲く島なんだと思うだけで興奮しちゃう…

▽国際園芸博覧会 ラーチャブルック(英名ゴールデンシャワー)について
http://www.royalfloraexpo.com/japan/about_expo/significance.asp

以前タイやミャンマーを旅行中に、花が彼らの生活に必要不可欠でしかも老若男女に愛されてるらしい場面に何度も遭遇しココロ打たれた事を、この花見てたら思い出しました

スレッド:植物の写真 // ジャンル:写真

くさばな // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 74 (Sun)

Date 2006 ・ 07 ・ 02

まだらモンツキ

たくさんいるのでつい見過ごしがちだけど、モンツキスズメって実はかなりキレイと思う
たまにハッとするほどキレイな個体がいたりして、見とれちゃったりします
そうゆうこっち側の感情、感触が写っちゃってるような写真を目指してるつもりが、
ただ、ただ、夢中で押しまくってます…

dvm31167.jpg
△モンツキスズメダイ 4cm 石垣島
▼そんなキレイなはずのモンツキさん、この日はなぜか一斉にワサワサしてました
ヒレが黒ずんだり、マダラ模様になってみたり、せわしなくワサワサおかしな行動を繰り返し…
繁殖行動だと思うのですが、はっきりした求愛行動や産卵現場はおさえられず
タマゴ守りだったのかなー

_MG_6463.jpg
ama_6489.jpg
△モンツキスズメダイ 奄美大島 6.2006
dvm0603-135.jpg
ちなみに極チビはモンツキとニセモンツキどうやって見分ければ?全体の色と雰囲気?
△モンツキスズメダイ 1cm強 石垣島 6.2006


スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

すずめだい // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 77 (Sat)

Date 2006 ・ 07 ・ 01

季節感

今日からもう7月
幼魚シーズンが終ってしまうのは寂しい…ケド今年はいろんな極小サイズを見れて、大大大満足デシタ
普段は石垣島で潜ってますが、今年は5~6月に屋久島や奄美大島でも潜ってきて…
当たり前のことだけど改めて気付いたのは、幼魚シーズンは南ほど顕著に早い!
極チビが出てくる時期は鹿児島より八重山の方がだいたい半月から一か月くらい早いみたい

では海外は…?
海外デビューしたばかりで海外魚事情は全くわかりませんが、トコナツな地域では幼魚シーズンてないのかな~?
雨期と乾期で一応サイクルはあるんでしょか?
▼今年お正月に行ったバリでオリオン極小サイズ、相当小さかった…

bali_060102_1242.jpg
△オリオンスズメダイ 1.5cm BALI Tulamben 1.2006
▼一方、6月の奄美で、水深50cmでテンテンと何匹もこのサイズを見かけました
肉眼では、頭の青いラインはほとんど見えないのでミナミイソそっくり

ama_6350.jpg
△オリオンスズメダイ 2cm 奄美大島 6.2006
▼ミナミイソ極小はこんなかんじ

dvm0603-138.jpg
△ミナミイソスズメダイ 2.5cm 石垣島 6.2006

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

すずめだい // コメント(8) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。