No. 475 (Thu)

Date 2008 ・ 03 ・ 20

ニセクラチョーサ

もひとつ、パラオでどーしてもやっつけたかった課題は、「パラオ産ニセクラは、石垣産と同じなのかどーか?」
plu80216_0897.jpg
△チビッコ
plu80216_0884.jpg
△中魚
plu80216_0891.jpg
△成魚は卵を守るときは黒ずみ体色に
plu80216_0887_t.jpg
△タマゴは、生きたサンゴをきれいにはがして産み付ける  △パラオ産ニセクラカオスズメダイ 2. 2008 Palau

幼魚から成魚の各ステージ、産卵床、親のタマゴ守り体色など、ヤッパリ日本産ニセクラと全く同じようです。
ただーし、彼らが暮らす枝サンゴの種類が石垣とはちょっと違っていて、
この日観察したニセクラポイントは、日本産ニセクラがつく枝サンゴより、小ブリで背の低い枝サンゴの大群落でした。
石垣と同じ枝サンゴはちょっとしかなくて、そのサンゴには成魚や中魚は寄り付かず極チビのみがついてました。

▼そうして、このコ達と一緒に暮らすハナナガーズのみなさんは、アッチでもコッチでも興奮中

plu80216_0896.jpg
△ハナナガスズメダイ 2. 2008 Palau

←blogランキング参加中

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

すずめだい // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

トラックバックアドレス // トラックバック

ニセクラチョーサ のトラックバックアドレス
http://asasen.blog64.fc2.com/tb.php/475-77f29040