No. 507 (Mon)

Date 2008 ・ 04 ・ 21

ナンノスナ?

浅場でうねうね揺られてると、
珊瑚の間にできた砂地の通路一面に、大量の星の砂が付着してました。
もう一面びっしりで、あんまりいっぱいいすぎて・・・ウッ、ちょっと気色悪いです
さらに星の砂って実は死骸の堆積物だと以前聞いたのを思い出し・・・ウ、ウェッ

dvm80412_012.jpg
星の砂の正体は有孔虫という原始生物なんですと。
おおまかに2種類いるらしく、星の砂(和名ホシスナ)と呼ばれてるのはバキュロジプシナ、
太陽の砂(和名タイヨウノスナ)と呼ばれてるのはカルカリナ、つうらしいです。
海中で見たこの方たちは生きてるんでしょか?どっちかというとタイヨウノスナのほうに近そうですが、どうなの??
△有孔虫 石垣島 4. 2008


←blogランキング参加中

スレッド:水中写真 // ジャンル:写真

その他のいきもの // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[748]Not Subject

八重山地方の民話では、大蛇に食われた☆の子のウン○って言われています・・・
04.24(Thu) // 投稿者(アヒルCCD) // 編集 // Top

[751]Not Subject

へえええ。そうなんだー
八重山の民話ですか。
やっぱり、登場アイテムも海にちなんでたりするんですねー
民話は結構興味あります、おもしろいですねー
04.24(Thu) // 投稿者(浅) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

ナンノスナ? のトラックバックアドレス
http://asasen.blog64.fc2.com/tb.php/507-e1aabe6d